他人の事ばかり気にしていませんか?

 

他人からどう思われるか気になる

他人の言動が気になる

他人の成功が気になる

他人の失敗が気になる

他人、他人、他人…

 

「他人を気にする」というのは、自分が充実していない事を表しています。

 

自分のやるべき事に必死で取り組み、充実している人は、他人の事を考える暇など無いのです。

 

他人からどう思われるか気にする暇も無い

他人の言動を気にする暇も無い

他人が成功したか失敗したか気にする暇もありません。

 

結局…

「他人の事が気になる」のは、自分が充実していないからに他なりません。

 

自分のやるべき事に、他人がどうかなど関係ありません。

自分が充実する為に、他人がなんと言うかなど関係ありません。

 

全ては、他人ではなく「自分次第」なのです。

 

他人とは、自分を映す鏡だとよく言われます。

 

「他人の事が気になる」

そんな時は、自分と向き合ってみましょう。

 

きっと、他人ではなく自分自身の中に「満たされていない課題」があるはずです。