私が、自分の経験から確信を持って言える事があります。

 

「自分が正しいと思う行動をすれば、必ず良い結果が生まれる」

という事です。

 

思えば、人生のほとんどは「正しい」と思えないまま「やらされた行動」ばかりです。

 

小・中学生の頃は、意味も分からず勉強をさせられました。

「決まった答えを覚える事」が正しいとは思えないのに、それが正解とばかりに覚えさせられてきました。

 

野球をしていても、「野球部なんだから」という謎の理由で理想の体育会系を押し付けられてきました。

「野球部なんだから◯◯であるべき」という謎の理論によって、理想の野球部でなければいけませんでした。

 

銀行では、お客様ではなく銀行の為に商品を取らされました。

「お客様の為」と言いながら、本当は自分のノルマ達成の為に商品を提案させられていました。

 

それらのどれもが、自分自身で「正しい」とは思えていませんでした。

 

正しいと思えない事をやるから…

自分ではずっと違和感がありました。

 

もちろん、大した結果も出ません。

 

その違和感が、不満になり…

全てを投げ捨てて、自分で何かをやりたいという気持ちで起業しました。

 

しかし、コーチングで起業しても色々と言われてきました。

 

「怪しい」

「よく分からない」

「そんなの成功しない」

誰もがそう言いました。

 

でも、私は

「誰にどう言われても、コーチングは世の中に必要な事だ」

そう思ってやり続けてきました。

 

私にとって、コーチングは正しい道だったからです。

 

誰になんと言われようが…

私にとってコーチングをする事は、正しい事をしているという事なのです。

 

今、コーチングを始めて3年経ちます。

コーチングを始めたばかりの頃、誰一人として「うまくいく」とは言ってくれませんでした。

 

大抵は、上から目線で改善点を指示されるか

失敗するという助言をもらうばかりでした。

 

それでも、自分が正しいと思う事を貫きました。

 

1人、また1人…

クライアントが増え…

応援者が増え…

今、多くのクライアントを抱えるまでになりました。

 

その要因として、難しい事など何一つありません。

 

私は、ただ単に

自分が「正しい」と思う事をやってきただけです。

 

折れても、やり続けた。

否定されても、やり続けた。

怪しまれても、やり続けた。

笑われても、やり続けた。

 

自分の正しい道を、ただやり続ければいいのです。

そこに着いて来てくれる人は必ずいます。

 

「正しい」と思う事をやるだけです。

 

その信念が人を動かすでしょう。