生きていれば、誰でも失敗をしてしまいます。

周りが見えずに、いつの間にか誰かを傷つけている時もあります。

 

例えそれを意図していなくても、誰にでも間違いを犯してしまう事はあります。

 

完璧な人間はいません。

誰にでも間違いはあります。

 

かといって、間違いを犯していいという訳でもありません。

それでも、間違いを犯してしまうのが人間です。

ループしたところで答えはありません。

 

では、私たちに出来る事は何か?

 

私たちに出来るのは

「気付く」

という事です。

 

間違いを犯した事に気付く。

周りが見えていない事に気付く。

失敗の原因に気付く。

問題の本質に気付く。

失敗を取り返せる事に気付く。

それを解決する方法に気付く。

失敗は次に活かせる事に気付く。

 

私たちは「気付く」事で成長する事ができます。

 

成長する上で第一に重要な事は、知識や経験、スキルではありません。

 

どんな大きな失敗も間違いも、気付けば変える事ができます。

 

「気付く力」こそ、土台として必要なのです。

 

コーチングや自己対話を通して得られる「気付き」が、成長する為の最高の栄養なのです。