私たちは幼い頃から

「答えの存在する問いに対する、答えの出し方」

を教わってきました。

 

算数、国語、社会、理科、英語…

全て「答えが存在する」とされている問題に対しての試験に合格する為に勉強をしてきました。

 

その考えは、勉強だけでなく…

進路、就職、生き方までもが「正しい答えがある」と思い込まされて教育されてきました。

 

しかし、実際に世の中で生きる上で起こるほとんどの問題は「答えが存在しない」という事に気付きます。

 

そして、答えのない問いに対してどうやって考えたらいいのか分からずに苦しむのです。

 

コーチングで勉強を教える事は出来ません。

正しい進路や就職先を決めてあげる事も出来ません。

 

コーチは、答えの存在しない問題に対して…

「その人の正解の出し方」を知っていて、それを明確にする事が出来ます。

 

コーチは誰かの上に立って何かを与える人ではありません。

コーチとクライアントの関係性の中で「答えの出し方」を扱う事が出来る人です。

 

だからこそ「これからはコーチング」なのです。

 

これだけ価値観や選択肢が多様化した世の中において…

ますます答えの見えなくなる世の中において…

コーチの存在とは、より必要とされるでしょう。

 

コーチングを学んで、人の役に立つも良し。

コーチングを受けて、自分だけの正解を探すのも良し。

 

「これからは、コーチング」なのです。