生きていれば、学校の勉強や試験勉強とは違って「答えのない問い」は無数に存在します。

 

なぜ仕事をするのか…

自分は何者なのか…

どうしたいのか…

どうすればいいのか…

答えがないので、考えるのも苦痛でしょう。

 

答えがないことを考えるのは、答えがある問いを考えるよりも苦しい時があります。

 

しかし、向き合えば答えは見つかります。

 

「それ」とただ向き合ってみることです。

 

向き合い続けて、出した答えは「あなただけの生きる哲学」です。

 

その哲学をたくさん持っている人ほど、深みがあり、魅力ある人間であることが多いです。

 

投げ出すのではなく、逃げるのではなく、放置するのではなく…

「ただ、向き合う」

 

向き合った先に、他の誰でもない

あなただけの軸がある人生が出来上がっていくのではないでしょうか。