自分に「気付く」というのはとても大事だと痛感しています。

 

というのも、本格的な「座禅」というものを体験しました。

 

「ただ、呼吸に集中して座るだけ」

これがいかに難しいか。

 

姿勢が落ち着かない…

呼吸が上手くできない…

音が気になる…

アレコレと違う事を考える…

何分経ったか気になる…

足が痛い…

背筋が痛い…

 

「ただ、呼吸に集中して座る」

こんな簡単な事が出来ないのです。

 

日常でいかに自分をコントロール出来ていないか…

いかに目の前の事に集中出来ていないか…

いかに余計な事ばかり考えているか…

「座る」という事を通して、自分の弱さが垣間見えました。

 

わざわざお寺で座禅を組まなくても、日常には気付きが溢れています。

 

コーチングも同じです。

 

コーチングを受けるという事は、自分に「気付く」という事です。

 

自分に気付いていくという作業…

そこには、弱さや醜い部分も多々あります。

 

それでもそこに向き合わなければ、成長はありません。

 

仕事、家庭、健康、趣味…

生活の中にある一つ一つに全力で取り組んで、気付きを得ていく事が大事です。

 

「ただ、目の前の事に集中する」

これが気付きを得て成長する為に必要なのです。