世の中、どうでもいい事で溢れています。

 

芸能人が問題発言しようが、どうでもいい事です。

SNSで他人の生活が充実してようが、どうでもいい事です。

誰かが成功を掴もうが、どうでもいい事です。

誰かが失敗しようが、どうでもいい事です。

どこかで悪口を言われていようが、どうでもいい事です。

誰かに妬まれようが、どうでもいい事です。

誰かに嫌われようが、どうでもいい事です。

 

そんな、どうでもいい事ばかりです。

 

どうでもいい他人の揚げ足をとって

どうでもいい事で講釈を垂れて

どうでもいい事に振り回される。

 

他人がどうあれ、それによってあなたの人生に何の影響もありません。

そんな事に執着して、自分の心を乱される必要はないのです。

 

どうでもいい事に執着するエネルギーがあるのなら…

自分がどうすべきか、という事にエネルギーを注ぐ方がよっぽど健全です。

 

今、心を乱している出来事は

もしかしたら、どうでもいい事ではありませんか?

 

興味を持つべきは…

他人ではなく、自分です。

 

自分自身がどうあるべきか…

何ができるか…

何をすべきか…

そこに、他人のどうでもいい事を考える余裕はありません。

 

自分自身に目を向けてみましょう。

 

あなたがコントロールできるのは、自分の事だけなのですから。