今日は東京でクライアント様に会い…

国会の開会式に出席させて頂きました。

 

通常国会の開会式には

天皇、総理大臣、衆参両議院が集まります。

 

日本で最も格式が高く、緊張する場かもしれません。

そこに参加させて頂きました。

 

天皇はもちろん…

総理大臣…

テレビでしか見たことない国会議員…

今まで自分とは程遠い「日本の中枢」を担う人物が集まっていました。

 

開会式が始まるまではドキドキで…

そうそうたる方々を目の前にすることに緊張していました。

 

そして開会式が始まり…

感想としては「遠くない」ということです。

 

テレビで見ていた「緊張すべき人物たち」は

いざ目の前にすると「ただの人」でした。

 

天皇でも…

総理大臣でも…

国会議員でも…

上下のない「1人の人間」でした。

 

人は、遠ければ遠い人物ほど

「すごい人」

だと言って崇めたがります。

 

しかし…

どこまでいっても「人は人」なのです。

 

これからあなたが飛び込もうとする世界は

とんでもなくレベルの高い世界に思えるかもしれません。

 

でも大丈夫です。

 

どんな場所でも

どんな環境でも

「人は人」

 

上も下もない、1人の個人でしかないのです。