コーチというのは、どんな状況でもクライアントの味方であり

常にクライアントが「自分を取り戻せる場所」として関わっています。

 

特に、新たなチャレンジをしようとする人にとって…

今までの環境は、大きな弊害になる事もあります。

 

変わろうとする人に対して、周囲は好き勝手に言います。

「上手くいく訳がない」

「おかしくなった」

「やめておけ」

と、同じ環境から抜けていく人に対して足を引っ張ります。

 

多くの人は、そこで諦めていきます。

本当はやれば出来るのに、周囲の意見に納得した事にして出来なかったという事にしてしまいます。

 

そんな時…

例え周囲がどう言おうと、コーチだけはクライアントの「自分の声」を信じます。

 

失敗したとしても…

諦めそうになっても…

周りからストップをかけられたとしても…

コーチはクライアントの想いに寄り添う存在です。

 

クサい台詞かもしれませんが…

クライアントの周囲がみんな敵になったとしても、コーチだけはクライアントの味方なのです。

 

その気持ちを以って関わるからこそ

コーチとクライアントは絶対的な信頼関係を築けます。

 

相手を徹底的に信じる事ができるか…

コーチにとって重要な要素です。