最近は、大学生を対象に就職活動に向けての相談依頼が増えてきました。

 

その中でも多いのが

「何をしたいか分からない」

「やりたい事が分からない」

というものです。

 

ひとつの理由としては

そもそもどんな仕事があるのか知らない

という、知識不足があります。

 

これはまあ、調べたりして知識を付けていくしかないのですが…

 

本質を突き詰めていくと、ほとんどの学生は

「今の自分にできるか、できないか」

という事を基準にしてしまっています。

 

これから未来のある大学生が、

可能性を制限して、できる事だけを選択していく

というのは寂しいものがあります。

 

やりたい事なんか分からなくて当たり前です。

 

だからこそ

「なんでもできるとしたら、何がしたい?」

「お金をもらわなくてもやってみたい事は何?」

そんな質問から、制限を外していくのです。

 

例えばそれが…

すぐに実現できない途方もない夢だとしても

諦める必要なんかありません。

 

いつか、そこに辿り着く為に

まず、今できる最良の選択をすればいいのです。

 

やりたい事を目先で考えると、目先のリスクを考えてしまうから

できるかどうかで考えてしまいます。

 

そうではなく…

制限を外した未来を描き…

その未来を作るための、最初の一歩は何を選択するか。

 

その積み重ねしかないのです。

 

目先の事に捉われる必要はありません。

 

自分に問いかけてみてください。

 

「なんでもできるなら、どんな未来がいい?」