どんな人でも、誰かとの関わりの中で生きています。

本当に自分1人で生きられている人などいません。

 

誰かの助けなしに、ここまで生きている人はいません。

 

それなのに、ちょっと上手くいくと

「自分はすごい」

と勘違いして、周囲への感謝や関わりを忘れてしまうものです。

 

例え、今現在が自分の力で上手く行っているように見えても…

そこに到るまでには、必ず誰かとの関わりの中で助けられているのです。

 

そして、自分が何か上手く行っていない時は…

大抵、感謝や関わりというものを忘れて、自分勝手になっている時です。

 

今、働いている会社…

今、食べている食事…

今、着ている服…

今、住んでいる家…

今、手に持っているスマホ…

不満もあるでしょう。

 

ただ、それらは、あなただけの力で生み出したものではありません。

 

必ず、誰かが関わり…

その関わりの中で生かされているのです。

 

苦しい時は、まず感謝…

この事を忘れないようにしましょう。