いつもそばに居てくれて…

いつも話を聴いてくれて…

いつも頷いてくれて…

いつも背中を押してくれるコーチが欲しい。

 

でも…

自分のコーチをどうやって選んだら良いのか?

という声をよく聞きます。

 

まず…

自分にとって話しやすいか?

同じ感性を持っているか?

気が合うか?

安心できるか?

という事が、大切な事です

 

当然コーチとは相性があって

誰でも良いわけでは有りません。

それを見極めるには、話してみる事しかないのです。

 

どこまで話そうか?

どこまで聴いてくれるのかな?

甘えて良いのか?

いや、甘えちゃいけない…

と葛藤してる人もいます。

 

だけど、1人でずっと苦しさやモヤモヤを抱えているのはとても辛いはずです。

 

助けが必要な時…

甘えじゃ無くて、思い切って言葉に出してみて欲しいのです。

 

1人ではなかなか前に進めない事も

「コーチなら助けてくれる..」

そう思うだけで心が楽になり、容易に前に進んでいく事ができます。

 

コーチが手を差し伸べた時…

素直に

恥ずかしがらずに…

照れずに

その手を掴んで欲しいのです。

 

より安心出来る素敵なコーチに出会ったら

既に半分の荷物は軽くなりますよ。