コーチングは、コーチングを受ける一人一人に対して

その人の性格や適正、環境等を考慮してコーチングをしなければなりません。

 

つまり

誰一人

同じやり方、同じ解決方法はないと言う事です。

 

相手は、多種多様な相談をしてきます。

 

どんな相手でも、

どんな相談でも、

対応出来るのが本物のコーチングです。

 

人には、誰でも可能性があります

 

コーチングを行うことによって

あなたに気づきと自発的な行動を促し、

今まで考えてもなかったことに気づく事が可能になります。

 

指導やアドバイスではなく…

その人自身が解決法を感じて、

行動する必要性に気付く事が重要です。

 

人はみなそれぞれ違うから…

コーチは一人一人の思いを

ゆっくり聴いて…

充分に聴いて…優しく頷き….

気持ちに寄り添い…

 

常にその相手へのオーダーメイドのコーチングをする。

 

これが本物のコーチングなのです。