コーチングは、ビジネスにも多く導入されるようになりました。

 

私も、経営者や事業主のクライアントが多くいます。

 

経営者や事業主がコーチングを導入する理由は

「自分とは別の視点が欲しい」

という理由がほとんどです。

 

いわゆる「ブレーン」と呼ばれる存在を求めて、コーチングを受けるのです。

 

ビジネスコーチングでのコーチは

「もう1つの頭脳」

として、クライアントの視点を広げていくのです。

 

自分の頭脳に加えて、もう1つの頭脳がある。

そして、その頭脳は自分の頭脳とは違う見方をする。

 

これは、常に判断を迫られるビジネスパーソンにとって

なくてはならない存在です。

 

ビジネスコーチングでは、私は常に

「クライアントのもう1つの頭脳だ」

という事を念頭に置いています。

 

コーチングを受けるビジネスパーソンは

情報処理コンピューターを2台積んでいるのです。