「やるか」「やらないか」という二択で悩む状況は多々あります。

 

「やりたくない」ならともかく…

「やってみたい」という気持ちが少しでもあるなら、それはやるべきです。

 

やってみたいにも関わらず、なぜ悩むかと言うと

やった事によるリスクを考えてしまうからです。

 

「失敗したらどうしよう」

「恥をかいたらどうしよう」

といったリスクを考えると「やらない方がいいのかもしれない」と考えたくもなります。

 

しかし、それでもやった方がいいのです。

 

なぜなら、この世に

「やって損な事はない」

からです。

 

成功するのは当然、やって良かったと思えるでしょうが

例え失敗したり恥をかいたとしても、それは損ではありません。

 

そこから何かを学べば、それは損ではないのです。

 

「失敗や恥をかきたくないから、行動しない」

と考えている事が、何よりも損をする考え方なのです。

 

だから、やってみる。

 

何が起こったとしても、それは経験として、知識として、教訓として

あなたに「得」をもたらすのです。

 

「この世に、やって損な事はない」

これを信じて、行動を起こしていきましょう。