誰もがコミュニケーションに正解を求めます。

 

褒めるべきか…

叱るべきか…

優しくすべきか…

厳しくすべきか…

コミュニケーションに正攻法を求めてしまいます。

 

正攻法を求めて

本を読んだり

セミナーに行ったり

心理学を学んだり

様々な手法を探るでしょう。

 

しかし、どれだけ研究しても答えはありません。

コミュニケーションに正解はないからです。

 

コミュニケーションの正解は人それぞれ違います。

 

ある人にとっては、褒める事が重要なコミュニケーションだとしても…

他のある人にとっては、叱る事が重要なコミュニケーションかもしれません、

 

私たちが集中すべきことは…

万人に通用するコミュニケーション方法を探す事ではありません。

 

目の前の一人に対して

どんな関わり方がベストなのか考える事です。

 

コミュニケーションに正解はありません。

 

関わる一人一人…

それぞれに対するオーダーメイドのコミュニケーションが必要なのです。