コーチングではクライアントに対して

「気付きを与える」

「スイッチを入れる」

「前向きにさせる」

という事が求められます。

 

それらを「ツボ」とするなら…

クライアントの「ツボ」に響く言葉や質問をするのがコーチの腕です。

 

常に、相手の「ツボ」はどこにあるのかを探しながら

ここぞというポイントで「ツボ」を押さえるのです。

 

その為に、クライアントが

「どんな言葉を言って欲しいのか」

「どんな気付きを得たいのか」

を敏感に察知しなければいけません。

 

だからクライアントから引き出す事に100%集中するのです。

 

コーチングで避けるべきは

「そんな事を言われたいんじゃない」

とクライアントが思ってしまう事です。

 

自分が求めているものと違う言葉を言われた時

クライアントは無意識に壁を作ります。

 

相手のツボを押さえる

相手の求めているものを感じ取る

そういった事に意識して人の話を聞いてみるといいでしょう。