コーチングをする上で、未だに最も難しいと感じる事があります。

 

それは、コーチとしての「自己管理」です。

 

体調管理、精神的健康、ポジティブさ、など…

スキル以前に、自己管理こそコーチングで最も難しいのではないかと思います。

 

例えば、クライアントの話に集中しようとした時…

自己管理が出来ていなければ、集中は出来ません。

 

自分が抱えている問題を思い出したり…

話を聞きたいのに眠くなったり…

イライラしてクライアントに冷たく当たったり…

コーチ自身が安定していないのに、相手の話を聞くなど無理な話です。

 

とはいえ、コーチも人間です。

 

体調が悪い時もあれば

イライラする時もあれば

眠たい時もあれば

自分自身が悩んでいる事もあります。

 

だからこそ、日頃から

「ストレスを溜めない努力」

という事がコーチとして最低限の素質かもしれません。

 

コーチだけでなく

リーダーである人…

管理職である人…

人の上に立つ人…

何よりも「自己管理」なのです。

 

気分に左右されず、出来事に振り回されず…

いかに、「安定した自分で在るのか」という事が何よりも大事なのです。