当たり前ですが、人は一人一人違います。

 

過去の状況

現在の状況

創りたい未来

どれをとっても同じ人はいません。

 

性格も、悩みも、目標も、課題も…

全て人によって違います。

 

だからこそ、コーチとしての関わり方も人によって違います。

 

体調が悪い人みんなに風邪薬を出せば治るかというと、もちろんそうではありません。

 

「体調が悪い」という表現の中には、実に多くの症状が考えられます。

 

コーチングも同じで…

その時、その人に合ったコーチングが必要です。

 

基本的なスキルはあるし

基本的な考え方もあります。

 

しかし、究極はそういったパターンから抜けてその人だけのコーチングを毎回行うのです。

 

コーチの関わり方は1つじゃありません。

 

クライアントの為に…

相手の人生の為に…

様々な方法でアプローチするのです。

 

「相手の為の関わり方」を真剣に探し、その人だけの関わり方が出来た時…

コーチとクライアントの関係は本物になるのです。