コーチは常にコーチである必要があります。

 

コーチであるという事は

「常に、クライアントが充実した人生を送れるように関わる」

という事です。

 

例えば、メイクセンスでは

「有料職業紹介」

を一つの事業としています。

 

言ってしまえば

「転職させたらお金が入る」

という仕組みです。

 

「コーチである」という事を無視すれば

とにかく転職を煽り、斡旋して、転職させれば

売上、業績は一気に上がります。

 

転職を煽るのは簡単だし

転職先を見つけてあげるのも簡単です。

 

「コーチである」という事さえ無視すれば…。

 

でも、そこは絶対に無視できません。

メイクセンスはコーチングカンパニーです。

 

どんな事業を展開したとしても

「コーチングをする会社」

なのです。

 

つまり、

職業紹介事業を始めたとしても…

「仕事を探すクライアントの充実した人生」

が最優先だという事です。

 

私たちにとって

転職の相談に乗る事も

仕事を紹介する事も

転職活動を通して「充実した人生を創る為」なのです。

 

職業紹介事業は、あくまで

「コーチングを受けた結果、転職という選択をする人が多いから」

受け皿として許認可を受けたまでです。

 

職業紹介事業の付加価値としてコーチングをするのではありません。

コーチングの付加価値として職業紹介事業をするのです。

 

メイクセンスはコーチングで世界を平和にする企業なのです。