私はコーチングが好きで、いつもコーチングの事を考えています。

 

コーチングしては悩み…

悩んでは勉強して…

勉強してはまたコーチングを学んで…

そんな事を繰り返しています。

 

「コーチングとは何か?」

この問いに対する答えを、常に考えています。

 

そして、行き着くのは…

「コーチングが何なのかは、どうでもいい」

という事です。

 

世の中にあるコーチングスクールのやり方から外れていたとしても…

世の中にあるコーチング指南書のスキルから外れていたとしても…

それはコーチングではない、と言われたとしても…

 

実はそんな事はどうでもいい事なのではないかと思うのです。

 

それが「コーチングであるのかどうか」など意味のない事です。

 

答えはすごくシンプルで…

「相手が良い方向に行けばいい」

という事が大事なのです。

 

そして、コーチングを使ったコミュニケーションは

「100%相手を想う」

という気持ちがあれば、それ以上も以下もないのです。

 

「相手を想う気持ち」さえあれば、それはもうコーチングなのです。

 

純粋に、相手の事を100%想って接したら…

コーチングとして完成しているのです。

 

その気持ちにスキルが高いも低いもないし…

そもそも、スキルなど存在しないのです。

 

スキルや資格ばかりに気を取られ…

「コーチングであるかどうか」などという下らない問いかけは不毛です。

 

あなたが相手の事を100%想うだけで

人は救われるのです。