私の肌感覚で、コーチングは広がってきてるなと実感しています。

ただ、コーチングが広がってきたとはいえ

「コーチング?なんですか?」

という事はまだまだあります。

しかし、実はコーチングとはあらゆるコミュニケーションの「基礎」や「土台」といえるぐらい当たり前に存在しています。

カウンセリングを勉強しても…

営業話法を勉強しても…

コンサルティングを勉強しても…

育成ノウハウを勉強しても…

必ず、必須スキルとして含まれているのがコーチングの

「傾聴」「承認」「質問」といったスキルです。

コーチングという言葉を知らずとも…

コミュニケーションに関する勉強をする過程で、そのスキルに触れているはずです。

あとは、コーチングのスキルを「どう扱うのか」というのがポイントです。

課題解決に使うのか…

悩み相談に使うのか…

営業スキルとして使うのか…

部下育成に使うのか…

あらゆる応用が効きます。

コーチングは単体では、何か怪しげな心理学と思われることも多いです。

が…

どう応用するかによって、コミュニケーションが武器に変わる武器になるのです。