コーチングは筋肉のようなもので…

意識して行っていかなければ衰えてしまいます。

 

例えば

企業の管理職向けに、コーチングスキルの研修などを行う事もありますが…

それだけで良い効果を生む訳ではありません。

 

トレーニング方法を勉強しても鍛えられないように…

学んだスキルは、現場でやり続ける事で少しずつ身になるのです。

 

だからこそ、意識して「コーチング筋」を鍛えていく必要があります。

 

日常には、コーチング的ではないコミュニケーションが溢れています。

 

常に誰かを評価し、否定し、本当の気持ちを押し殺していくような環境では

常にコーチング的な関わり方を意識し続けていかなければ、コーチングは身に付きません。

 

コーチング筋はいつでもどこでも鍛えられます。

 

自分に問いかけてみる…

同僚の言う事に耳を傾けてみる…

関わる人を黙って肯定してみる…

そんな小さなコミュニケーションの積み重ねが、コーチングでいう「傾聴」の土台となる訳です。

 

意識をしてみましょう。

そうすれば、自然とコーチングはできるようになっているのです。