コーチングをやっている私が言うのもなんですが…

 

コーチングってうさんくさいですよね。

 

私は、他のコーチと一切交流がなく…

他のコーチがどうかというのは興味が無いんですが…

 

話を聞くとコーチングが、

怪しい

うさんくさい

と思われるのは納得です。

 

 

と、いうのも…

 

「コーチング」と銘打ってビジネスしている人のほとんどが…

 

引き寄せの法則…

幸せになる方法…

集客方法を教える…

ブログの書き方教えます…

SNSで集客…

ネットビジネスで起業…

月収7桁…

お茶会…

セミナー…

起業で成功する方法…

 

といったワードを使っています。

 

もはや、コーチングとか関係なくなっています。

 

にも関わらず…

 

「◯◯コーチング」

 

と、語るので…

コーチングがどんどん歪められていく訳です。

 

ライバル視もしていませんし…

コーチと名乗ろうが、そんな事はどうでもいいんですが…

間違ったコーチングが伝わるのは、世の中の為によくない!

と、思うのです。

 

別に、それらの仕事を否定している訳ではないんですが…

「コーチング」ではありません。

 

 

アメリカでは主要企業の経営者70%に専属コーチがいると言われています。

想像してみてください…

アメリカの主要企業の経営者…

そのうち70%が…

「怪しい」

「うさんくさい」

と言われるコーチングを受けると思いますか?

 

 

日本でコーチングは…

伝言ゲームのように、少しずつ形を変えながら…

本来の意味とは違うものになってきました。

 

正しいコーチングを広めていくのも

メイク・センスの使命であると思っています。

 

「コーチング」を怪しい、うさんくさい…

そう思った時…

是非、当社にご連絡下さい。

 

当社には、本物のコーチがいます。

 

「コーチングを知りたければメイク・センス」

そう思っていただければ幸いです。