人は「悲劇のヒロイン」を演じたがります。

 

収入が上がらないと言いながら可哀想な自分を演じる…

会社の不満を言いながら可哀想な自分を演じる…

社会が悪いと言いながら可哀想な自分を演じる…

 

誰かを悪者に仕立てあげて、自分を正当化するのです。

 

「あれがほしい」「これが不満」

そう言いながら、自分は傷付きたくない…

なぜなら、悲劇のヒロインだからです。

 

人生はドラマであり、ドラマではありません。

 

自らリスクを負って行動した人には、ドラマチックな展開が待っていて…

「可哀想な自分に誰かが手を差し伸べてくれる」と思っている人には、ドラマも何も起きません。

 

とてもシンプルです。

 

ただ、それは誰しもが持つ「弱さ」です。

 

私もそういう弱さを持っているし

あなたも持っています。

 

そこに気付きましょう。

 

そして、行動しましょう。

 

誰も助けてはくれないし

誰も手を差し伸べてもくれません。

 

ドラマは自分で作るのです。