コーチングの基本技術は

「傾聴」

「承認」

「質問」

です。

 

実は、もう1つ重要なスキルがあります。

 

それが「フィードバック」です。

 

相手に質問して…

相手の内側を引き出して…

そこに新たな気付きを生むのがコーチングです。

 

気付きを生む為には、

質問を投げっぱなし…

考えさせっぱなし…

では足りないのです。

 

コーチ側の「感じた事」を相手にフィードバックする事で

より答えに近付きやすくなります。

 

例えば…

「私はこう感じるよ」

「私にはこう聞こえるよ」

「私にはこう伝わってくるよ」

 

そうやって、相手が見えない部分をコーチが感じ取って伝えてあげるのです。

 

もっと言えば…

「私はこう感じるけど、どう思う?」

「私にはこう聞こえるけど、どう思う?」

「私にはこう伝わってくるけど、どう思う?」

 

コーチがコーチ目線で感じた事を伝え…

それに対してどう思うか?

という風に、フィードバックからコーチング内容を深める事もできます。

 

コーチング中…

相手には、いろんな角度から物事を考えてもらう事が重要です。

ただし、

どうしても本人も気付かない盲点や、矛盾点があります。

そこをコーチが拾って、気付かせていく…

 

コーチは「気付かせ屋」です。

 

より良い気付きを得ていただく為には

コーチが相手の内省を言葉にしてフィードバックしてあげる事も重要なのです。