コーチとして活動していても…

自分自身のメンタルをうまくコントロールできないものです。

 

前向きになれない時もあるし…

気持ちがついていかない時もあるし…

なんとなく憂鬱な時もあるし…

 

例え自分がコーチでも、なかなか自分だけで上がっていくことは難しいのです。

 

コーチングを知っていても…

コーチングスキルを扱えても…

自分のことをコーチングするのは簡単ではありません。

 

私自身がマイナスな気持ちになるたび、

コーチングの必要性を感じるし

専属コーチという存在感の大きさを実感します。

 

別に、アドバイスが欲しい訳でもなく

答えを求めている訳でもなく

元気づけてほしい訳でもなく

ただ、自分の気持ちを話したい。

そんな時が誰にでもあります。

 

言葉にならなくても、

感性とか感覚とかでしっかり理解してくれる存在。

 

それがコーチです。

 

あなたの周りにそんな存在はいますか?

 

その存在が、あなたのメンタルを支えてくれるでしょう。