世の中にはルールというものがあります。

 

ルールを変える為に、様々な場所で声を上げる人がいます。

 

国会前でデモをしたり…

街宣活動をしたり…

それらは、間違いではないでしょう。

 

しかし、ルールがあります。

 

ルールは守るべきものであり…

そのルールを変えるには、ルールに則ってルールを変える必要があります。

 

日本を変えたい…

それならば、ルールに則って日本を変える政治家になる必要があります。

 

会社を変えたい…

それならば、ルールに則って会社を変える役職につく必要があります。

 

民主主義である以上…

ルールを無視して、外野からいくら叫ぼうが変化は起こらないのです。

 

それが良いか悪いかを問いたいのではありません。

 

少なくとも、今の日本では

ルールを変える為には力が必要です。

 

私も、今の日本を変えたい1人です。

 

ただ…

いくらブログを書こうが…

飲み会で語ろうが…

講演活動をしようが…

それは、遠吠えにしかなりません。

 

それが実現するには何が必要か?

 

それは

「ルールに則った方法」

です。

 

リングに上がらなければ、勝つことはできません。

外野がいくら叫ぼうが試合の展開は変わらないのです。

 

自分がリングに上がる。

リングに上がる事で初めて、アクションを起こす権利を得るのです。

 

あなたの言動は、外野からの野次で終わっていませんか?

 

世の中を変えるには

ルールのあるリングに上がるしかないのです。