例えば、教育でも育成でも指導でも…

誰もが「どうすべきか?」という事に悩みます。

 

それに対して、世の中には色々な説が存在します。

 

褒めるのがいい…

叱るのがいい…

優しく接するのがいい…

厳しくせっかくのがいい…

あえて何も言わないのがいい…

 

色々な説がありすぎて

「結局、何をどうすれば人を育てることができるのか」

という答えを探している人は少なくありません。

 

私自身も、よく迷います。

 

しかし、いつも行き着くのは…

「こうすればいい、という方法など存在しない」

ということです。

 

結局、一人一人を見て、感じて…

相手と自分の関係の中で、ベストな関わり方を考えていくしかないのです。

 

「この方法が誰にでも当てはまる」

ということはありません。

 

一人一人、丁寧に…

向き合って、関わっていく以外にないのです。