生きている中で「気持ち悪さ」を感じる事はないでしょうか?

 

不快な場所…

不快な空間…

不快な仕事…

不快な人…

人は、「不快な感情」には目を背けたがります。

 

不快なのに、それを拒否する事を避け…

無理して受け入れようとします。

 

そして、またストレスを溜めていくのです。

 

しかし、「不快な感情」には様々なヒントが隠されています。

 

「なぜ不快なのか?」

 

それを考える事は、あなた自身を深く知るきっかけになるでしょう。

 

なぜ、この場所が不快なのか?

なぜ、この空間が不快なのか?

なぜ、この仕事は不快なのか?

なぜ、この人は不快なのか?

そこには、あなたの価値観が隠されています。

 

不快なまま放置して我慢するのはマイナスです。

不快をヒントに自分を深めればプラスです。

 

あなたの不快には、答えが潜んでいるのです。