私は「頑張る」という事がとても苦手です。

 

正しくは…

「頑張る姿を見せる」

という事が嫌いです。

 

難しい事をサラッとこなして…

いつも楽しく過ごして…

常に余裕がある…

そんな男で在りたいと思っています。

 

自分が経営者になった今でも…

スマートに仕事をこなす事を心がけています。

 

それは、経営者としてももちろんですが…

コーチとしての在り方でもあります。

 

「どうしよ〜」という状況の人が相談に来た時…

コーチがピリピリして忙しそうに、頑張っていたら相談できません。

 

だからこそ、どんな状況でも…

余裕を持って

落ち着いて

スマートに生きている訳です。

 

どんなに焦っても…

どんなに慌てていても…

常に余裕がある男でいる訓練をしています。

 

コーチング中は、相手に対して100%の神経を集中させなければいけません。

その時コーチは、自分の事を少しも考えてはいけないのです。

 

コーチが悩むべき時は…

「相手が悩んでいる事を解決する時」

なのです。

 

その時に、100%の神経を注げるように…

他の時間には余裕を持てる男であろうと思っています。

 

だから、必要以上に頑張ることはせず…

きつい時でもそれを表に出さず…

相手の事をひたすら考える…

 

そういう人がコーチに向いていると思います。

 

もし、これからコーチングを学んで

コーチングをやってみたいという人がいるなら…

自分が自分の人生を楽しむ事です。

 

楽しむから余裕が生まれる…

余裕が生まれるから相手に集中できる…

集中できるから質の高いコーチングができる…

 

コーチの在り方によって、コーチングのレベルは変化するのです。