人が「成長」するのは、いつでしょうか?

 

これまでに無い大きな体験をした時でしょうか。

 

確かに、これまでに無い体験は「成長の種」にはなります。

しかし、その体験がそのまま「イコール成長」になる訳でもありません。

 

では、人が成長する瞬間とはどのような時なのか?

 

それは「気付いた時」ではないでしょうか。

 

様々な体験によって「考えるきっかけ」を得て…

そのきっかけによって「考えて気付く」訳です。

 

失敗した

挫折した

知識を吸収した

技術を体得した

それらの体験は、成長のきっかけであって「成長した」という事ではありません。

 

大事なのは、体験について「内省」する事です。

 

いくら失敗や挫折を経験して…

素晴らしい先生に教えを乞うて…

自己啓発本を読み漁って…

誰にも無いような経験をしても成長とは言いません。

 

それらを通して、自分で考え、答えを導き出した時

自分の中に新しい引き出しが増え、成長するのです。

 

コーチングとは、その「自分との対話」をサポートする手段です。

 

クライアントは、日常を通して様々な体験をします。

良い事もあれば、悪い事もあります。

その体験を、コーチングという手段によって「自分で気付く」事ができます。

 

だからコーチングを受ける人は本質的に成長します。

 

あなたは「自分と対話する時間」があるでしょうか?

 

成長するのに特別な体験は必要ありません。

 

当たり前に生きて来たこれまでの経験…

何気ない日常の体験…

その中に成長の種は既に存在しています。

 

あとは、その体験について「自分と向き合う」という事が大切です。

 

自分で出来るならそれでいいです。

自分で出来ないならコーチングがあります。

 

体験した事について、自分と向き合って成長してみませんか?