人が生きていく上で

「劣等感」

は切り離せないテーマです。

 

でも「劣等感」を持つことを、マイナスと思う必要はありません。

 

人が人と関わる以上は、他人と自分を比較するのは当然だからです。

 

劣等感があるからこそ…

自分を磨き

仕事をがんばり

人を大事にできるのです。

 

その為には

「劣等感を持つことは当たり前だ」

という事実を受け入れることです。

 

劣等感を持つ自分を受け入れられない…

だからキツいのです。

 

他人と比較して劣っている自分が嫌…

だからキツいのです。

 

「劣等感を持つのは当たり前」です。

 

他人より自分が劣っていることを受け入れる勇気を持ちましょう。

 

ある意味、開き直りに近いかもしれません。

 

劣っている…

だからこそ、どう在りたいか。

 

負けている…

だからこそ、何をするのか。

 

劣等感を持たない方法は

全ての人間関係を絶つか…

悟りでも開いて仙人になるか…

それぐらいしか方法はありません。

 

劣等感を持つ自分を否定する必要はありません。

 

逆に、劣等感を受け入れることができたら…

もっともっと可能性は広がるのです。