「この人を育てたい」と思う事はあるでしょう。

 

子供、部下、社員、生徒…

「人を育てる」という事は大きなテーマです。

 

しかし、「人を育てる」という事は出来ません。

 

「人を育てる」のではなく…

「人は育つ」のです。

 

こちらがコントロールしようとしても、それは不可能なのです。

 

人は育てられるのではなく…

見たこと、聞いたこと、体験したことを通して、その人自身が自分で「勝手に成長する」のです。

 

人を育てる立場にある人が出来るのは

その人に目で見せて、耳で聞かせて、体験する場を作る事だけです。

 

あとは、相手が成長する事を信じ…

全力で関わっていく事だけです。

 

信じて全力で関われば、必ず勝手に成長するのです。