私たちは、自分と他人を区別して

仲間なのか、そうではないのかを判断しています。

 

性別、出身地、年齢、趣味…

など、様々なカテゴリ分けによって仲間かどうかを決めていきます。

 

それは人としては当たり前の事ですが…

コーチング的なコミュニケーションを取る上では、その区別は出来るだけ排除します。

 

人をカテゴリ分けせずに

1人の人間として、仲間として、関わっていく事が大事です。

 

それは何もコーチとしてだけではありません。

 

どんな人でも、カテゴリ分けをやめて

同じ仲間として関わる事が出来たら…

相手に対する嫌悪感や人間関係の苦しみは無くなります。

 

どんな人でも同じ仲間です。

 

その考え方が、世の中を変えるきっかけになるのです。