行き詰まったり

壁にぶつかったり

気持ちが滅入ると

人は、狭い世界に閉じこもってしまいます。

 

そうなってしまうと、今やっている事の意味が見えなくなってしまいます。

 

日々の苦行に一喜一憂して…

気付けばただ作業をこなすだけの日々になってしまいます。

 

そういう時こそ、枠を飛び出て「外の世界」へ目を向ける事です。

 

遠くを見れば、今の立ち位置がよく見えます。

遠くを見れば、今の状況がよく見えます。

 

キツイ時ほど、その世界の中でなんとかしようともがいてしまうものです。

 

しかし、やるべき事はその逆です。

 

外の広さに気付き、今の狭い世界で苦しむ必要はないと気付くのです。

 

今よりも外の世界に、突破口はあるのです。