私の経験ですが、新たなアイディアや課題に対する突破口が閃く時は

「全く違う分野に触れたとき」

が多いような気がします。

 

例えば、新しい事業を考えている時…

全く異業種のビジネスモデルがヒントになったりします。

 

経営の在り方に迷った時…

企業ではない団体やチームの形がヒントになったりします。

 

何事も、その分野の中だけでは斬新な発想は出ません。

 

あらゆるアイディアやヒントは、今いる環境の外側にあったりします。

 

今いる環境の全てが正しいとは限りません。

今いる環境が完成系とも限りません。

 

外側には、あらゆるヒントが溢れているのです。