人間関係で何よりも大事なのは「信頼関係」です。

もちろん、コーチングも信頼関係の構築が出来ていなければ機能しません。

 

傾聴が上手かろうが…

質問が上手かろうが…

承認が上手かろうが…

「信頼関係」が土台になければ、全くと言っていいほど意味がないコミュニケーションになります。

 

なぜなら、信頼関係が出来ていない相手に

そもそも本音で話さない

そもそも相談などしない

そもそも聞く耳など持っていないからです。

 

よく、コーチングを学んだ管理職の方々から

「部下にコーチングをやってみたけど上手くいかない」

という声を頂きます。

 

それもそのはずで…

話を聞く限り、そもそも信頼関係の構築が出来ていないのに

「コーチング受けてみないか」

と言って、話をうんうんと聞いているだけなのです。

 

なので…

まず、やるべき事は信頼関係の構築です。

 

コーチングでいう「信頼関係」とは

「100%安心安全である事」

です。

 

逆に、安心安全でないという事は…

話した事を誰かに言われるかもしれない、という不安

自分の考えを否定されるのではないか、という不安

違った考え方を押し付けれれるかもしれない、という不安

自分に対する評価が下がるのではないか、という不安

です。

 

そういう不安を全く与える事なく

「この人に心を開いても大丈夫だ」

という安心安全な信頼関係が必要なのです。

 

その信頼関係をどう作るか、というのは「相手とあなたの関係次第」です。

 

正攻法などありません。

 

だからこそ

相手に真摯に向き合いながら、安心安全な関係作りが必要なのです。