誰にでも

「それは間違っている」

「自分はこう思う」

といった、自分なりの感性を持っているはずです。

 

例えば、私が銀行員として働いていた時は…

「銀行のやり方は間違っている」

「もっとこうすればいいのに」

 

そう頭の中で思ってばかりでした。

 

それが正しいのか間違っているのかは確かめる事もありません。

 

大事なのは、「実証」してみせる事です。

 

ただ、想像するだけではなく…

ただ、口で言うだけではなく…

自分の人生を以って「実証」していきましょう。

 

感性が正しいのか…

それを試すのが楽しいのです。