最近、嬉しいような悲しいような複雑な悩みがありまして…

「専属コーチ契約すると、一切連絡が来なくなる」

という事案が発生しております。

 

当社は、どんな時に連絡が来ても対応できるように体制を作っています。

 

が、しかし…

 

専属コーチ契約してから、相談回数がガクッと減ります。

 

むしろ、新規のお客様やコーチングについて知りたいという問い合わせの方が圧倒的に多いのです。

 

基本的には、お客様からの連絡待ちの状態がほとんどです。

こちらから起こすアクションとしては…

「入金のお礼」

「手書きのお手紙」

を、月1で送るぐらいです。

 

専属コーチ契約して頂いたのに連絡がないと、不安になりますよね?

 

だから、たまに連絡する訳です…

「調子どうですか〜?」

「なにか変わった事ないですか〜?」

って。

 

すると…

 

「順調で〜す」

「絶好調で〜す」

「幸せで〜す」

など、喜ばしい報告が来ます。

 

詳しく聞くと、信じられないような変化を遂げていたりするのです。

 

嬉しいです。

お客様が順調に課題をクリアしていくのは、コーチ冥利に尽きます。

 

嬉しいんですけど、やはりお金を頂いている立場としては

「これでいいのか?」

と、ずっと悩んでいた訳です。

 

そんな時に、お客様にこんな事を言われました。

 

「いつでも相談できると思うと、もう少し自分の力でやってみようと思える」

 

「専属コーチがいるという安心感だけで一歩踏み出せる」

 

「コーチならどうする?コーチならどう考える?と自分で工夫するようになった」

 

といった声をたくさん頂きました。

 

それがすごくありがたくて…

自分で考えもしなかったメリットを、逆に教えて頂いて、ハッと気付かされた訳です。

 

そうか、と…

専属コーチとはそういう事か、と…

 

メイク・センスは、専属コーチとして…

「居るだけで存在価値がある」

と思われるようにならなければいけないのです。

 

その為に、我々はコーチとしてどう在るべきか…

お客様が、本当に悩んで迷った時に何をしてあげられるのか…

改めて考え直しました。

 

寄り添って…

寄り添って…

頼られた時に全力で手を差し伸べられるように…

どんな時でもコーチであり続ける。

 

コーチング道を極めるのはまだまだ道のりが長そうです。

 

あ…

もちろん、頻繁に相談して頂けることも喜ばしい事です。

遠慮なくご相談くださいね。