夢や目標は語れたほうがいいし…

弱音は吐けたほうがいいし…

悩みは話せたほうがいいし…

そうできたらいいけど、なかなかできないものです。

 

否定されたり

意見を言われたり

ダメ出しされたり

期待したことと違う答えが返ってくるのは、なによりもキツイことです。

 

分かっているけど、

ついつい誰かに話して…

更にモヤモヤする。

 

自分のことを話すというのは、それほど難しく勇気が必要なことです。

 

それゆえに、自分のことは他人に簡単に話せるものではないのです。

 

でもやっぱり、一人で抱えていくのはキツイです。

 

だからこそ自分にコーチが必要です。

 

夢や目標を素直に語れる…

弱音を吐き出せる…

悩みを打ち明けられる…

どんな事でも、否定せずに認めてくれる。

 

そして、前向きになって進んでいける。

 

それがコーチの役割です。

 

もし、あなたの人生に専属コーチがいたら…

どんな事を話したいですか?

 

専属コーチは、あなたの人生をより豊かにする為に

常に寄り添うのです。