仕事をする上で、あなたは何者でしょうか?

 

多くの人は仕事に対して悩みを持ち、どう働くかを考えています。

 

これから働く人は、どんな会社を選べばいいのか…

働いている人は、今の会社にいていいのか…

そういった事を考えています。

 

しかし、この問いこそがズレているのかもしれません。

 

「就職」の正しい意味は「職に就く」という事です。

 

私たちが悩んでいるのは、自分が「どんな職に就くか」ではなく…

「どんな会社に就くか」について悩んでばかりです。

 

就職とは、「会社に就く」事ではないのです。

 

これこそが、ズレであるのです。

 

「どの会社に入ろう」

「この会社のままでいいのか」

 

そう悩む前に考えるべき事は

 

「自分の職は何なのか」

という事です。

 

会社についてあれこれと悩んでも答えが出ないのは

あなたにとって「自分の職」が見えていないからです。

 

「自分の職」が見えていないから

どの会社がいいのかも見えないのです。

 

あなたはなんの職人なのでしょうか。

 

仕事に対する問いは、そこから始まるのです。