アメリカの経営者や著名人には、必ず専属コーチの存在があります。

 

日本では、まだまだコーチという存在の認知度が低く、コーチをつける必要性を感じてる人も少ないです。

 

確かに、今のままでも大きな問題はないでしょう

 

コーチが居なくても、自分1人でなんとかやっていく事はできます。

でも、コーチをつける事で何倍もスムーズに物事は解決します。

 

本来、コーチングとは

長期間関わっていくことで、自分の望むものと現在のギャップをより明確にする事が出来ます。

 

自分の本質からのブレを修正したり

感情や行動のズレに気付き

モチベーションを維持し続ける事ができるのです。

 

必ず必要ではない

でも、いれば自分にとって重要な存在になる。

 

自分だけの専属コーチを考えてみてはどうでしょうか?