生きていると悩みは尽きません。

一つ解決しても、また次が現れてきます。

 

どうにかして悩みから解放されようともがいても、そこから抜ける事は難しいものです。

 

悩む事は辛い事かもしれません。

しかし、悩みとは自分に対する期待の表れでもあります。

 

「自分はこのままでいい」

心からそう思うなら、悩む必要もありません。

 

「何かを良い方向に変えたい」

そう思うからこそ、悩みが生まれます。

 

悩みとは、自分を押し上げる為のステップです。

 

だから、とことん悩み抜けばいいのです。

 

「どうしよう」

「どうすればいいのか」

「こうやってみよう」

そんな試行錯誤の繰り返しの先に、一つの答えがあります。

 

悩みから逃げてしまったら、相変わらずの日常がまた訪れるだけです。

 

とことん悩んで

とことん試して

自分なりの答えを掴むのです。

 

その過程に、人は成長します。

 

「悩みたくない」と言って悩むのではなく…

自分から悩みのステージに飛び込むのです。

 

悩んで、悩み抜いた分だけ人は成長するのです。