日々、生活をする中で様々な情報が入ってきます。

 

特に最近は

インターネットで他人の言論が目に入り…

テレビを見れば世間の声が耳に入り…

SNSを開けば他人の充実した生活が目に入り…

意図していなくても、様々な情報が入ってきます。

 

それはそれで便利だし、これからの世の中に必要な事です。

 

ただ、問題は…

「入ってきた情報に振り回される事」です。

 

ネット上の情報を見て一喜一憂したり…

世間の声を聞いてズレを感じたり…

他人の充実した生活を見て引け目を感じたり…

入ってくる情報によって自分の気分まで左右されるのです。

 

入ってきた情報によって、自分自身をコントロールされる事が当たり前にありふれているのです。

 

だからこそ、「自分自身がどうあるべきか」が重要になるのです。

 

いくら情報が入ろうが、あなたがやるべき事には関係がありません。

 

他人が誰をなんと言おうが…

他人がどんな生活をしていようが…

他人がどんな考えであろうが…

それは「他人の問題」です。

 

それに対して、あなたが一喜一憂したとしても

他人の事はコントロールしようがありません。

 

あなたがコントロールできるのは、あなた自身だけです。

 

シンプルですが、とても重要な事です。

 

「他人は他人。あなたはあなた。」

 

他人からの情報に惑わされ、コントロールされる事を辞めて

あなたはあなたの人生に集中すればいいのです。

 

他人の言動は、あなたには何の関係もないのです。