恐らく、「出来る」か「出来ないか」で今後の事を決めようとしたら…

大抵の事は「出来ない」という結論になってしまうでしょう。

 

それは人間として当然で…

出来ない理由を考える事で、失敗を避け、身を守ろうとする本能があるからです。

 

とはいえ、本当はやりたい事が心のどこかにあるにも関わらず

「出来ない理由」ばかり考えて、何もやらない人生はもったいないと思うのです。

 

例え「やらない」という結論になるにせよ…

一度、真剣にやるかやらないか考えてみても損はないはずです。

 

だから、一度「出来る」か「出来ないか」は脇に置いといて…

「出来るとしたら」で考えてみましょう。

 

周囲からの目…

身内からの反対意見…

他者からの批判…

そういった「制限」を全て捨ててみて考えるのです。

 

制限を外して考えてみる事が「自分と向き合う」という事です。

 

いつの間にか、大人になるにつれて…

自分と向き合いもしないで「出来ないだろう」と自分を守る事ばかり考えていないでしょうか?

 

想像する事に罪も損もありません。

制限を外した時にこそ、「本当にやりたいこと」の答えは見えるのです。