コーチング中にコーチング的なコミュニケーションを取るのは当然ですが…

常に「コーチである人」はなかなかいません。

 

コーチングが上手くなる為には

常にコーチング的な思考が大事です。

 

例えば、テレビを見ていても…

「この芸能人の能力を引き出すにはどんなコーチングをしようか…」

とか。

 

スポーツを見ても…

政治のニュースを見ても…

家でも…

職場でも…

コンビニでも…

 

常に、誰かに対して

「どうコーチングしようか?」

という事を考えるといいでしょう。

 

他にも

誰かに何かを説明したい時…

誰かに何かを教えてあげたい時…

「コーチング的なアプローチはどうすべきか?」

と、常に考えてみてください。

 

コーチングの実力は、コーチングのスキルそのものよりも

コーチの人間的スキルに関わります。

 

コーチングセッションの時だけスキルを発揮しても

事務的で形式的なコーチングに留まってしまいます。

 

常にコーチで在ろうとする意識…

常にコーチング的なアプローチを探る意識…

 

日々の意識が、より高いコーチングレベルを作ってくれます。

 

日々の意識が、コーチング能力を底上げしてくれるでしょう。