コーチングというツールを

悩み解決に使ったり…

目標達成に使ったり…

「結果を出すツール」として扱うと、とても良いツールです。

 

しかし、そうなるまでには本格的にコーチングを学ぶ必要があります。

 

そこまでは難しくても

コーチングは特別な知識がなくても

誰にでもコーチング的なコミュニケーションが出来ます。

 

要は、相手にとって「今よりも少しだけ良くなる関わり方」をすればいいのです。

 

例えば

コンビニに行って、店員さんに一言声をかけるだけでも相手にとって良い影響を与える事が出来ます。

朝、家族に気持ちよく挨拶するだけでも相手にとって良い影響を与える事が出来ます。

友人に「最近どう?と興味を持って聞いてあげるだけで良い影響を与える事が出来ます。

 

小さな事でも、相手に対して良い影響を与える事が出来たら

それはもうコーチングと言えます。

 

コーチングは日常に溢れています。

 

顔を合わせる人…

話す人…

すれ違う人…

一瞬でも関わる事が出来たら、誰にでもコーチングが出来るのです。