コーチングを受けることで

思考が明確になったり…

考えが整理されたり…

答えが見つかったり…

漠然としたものがハッキリします。

 

相談に来る時点、相談をしている最中では

クライアントは「感覚」を伝えています。

 

もちろん言葉で伝えてはいますが…

「感覚」を無理矢理、言葉として表現しています。

 

感情や気持ちとして、なんとなく感覚で感じている…

つまり、ぼんやりしていたりモヤモヤしているのです。

 

コーチングを受けると何が起こるか。

「感覚」でしか分からなかったことが、

なぜそう感じるのか…

ハッキリと見えてくるのです。

 

クライアントの「感覚」を「理論」に変えるのです。

 

相談する前に感じていたことを、どういうことか説明できるようになり…

それを解決するための道筋が見えるようになり…

まずどんな行動を起こすか、裏付けのある行動目標ができる。

 

コーチングで起こっているのは、そういうことなのです。

 

感じていることを感覚で終わらせてはもったいないです。

 

自分の中の感覚を「理論」に変換する…

そうすることで、自分自身がより明確になるのです。