コーチングをする時は

クライアントが想いもしない事に気付きを与える必要があります。

 

コーチングには、相手の答えを見つけるという目的があります。

 

それと同時に

クライアントの選択肢を広げる

という重要な目的もあります。

 

クライアントが想像できない選択肢を広げる為には

コーチの頭の中に、クライアントが想像できない選択肢を持っている必要があります。

 

クライアントは、想像の範囲内で選択肢を考えます。

 

コーチは、想像の範囲外を見せるのです。

 

コーチに必要な能力は「普通である」事ではありません。

 

少し異常なぐらいの発想力

あくなき好奇心

突拍子もないような想像力

「普通」では出来ない思考がコーチングには求められます。

 

コーチにとって「普通である事」は必要ないのです。